最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« "Gränsbygd under krig(戦時下の境域)" | トップページ | デンマーク歴史ゼミのみなさんへ! »

2005年9月29日 (木)

答えのない質問

僕の敬愛する音楽家レナード・バーンスタインはいろいろな業績を残して亡くなりましたが、彼がとりわけ力を入れていた教育活動のうち、これまでその全貌が我が国では明らかではなかった『答えのない質問』がこの年末にDVD化されるということを知りました。

バーンスタインの教育活動と言えば、まずはCBSで放映されていたYoung People's Concertというテレビ番組が知られているわけですが、これは子供を対象とした番組であり、(時に子供には高級すぎる表現がでてきますが)大変わかりやすいのは良いのだけれども、より抽象的な高度な音楽論には至っていません。(むしろ本来抽象度の高いクラシック音楽を、子供にも理解できるように説いている点、このYoung People's Concertの評価が高いのでしょうが。)

これに対して今回DVD化されるThe Unanswered Questionは、バーンスタインが(チョムスキーの影響を受けてというのがもっぱらの話ですが)ハーバード大学詩学講座(…うーん、なんてアリストテレースな、形而上的な響き…詩学ですよ…し・が・く…)で講義したときの内容を整理したもので、かつてはみすず書房よりそのテキスト部分が『答えのない質問』という邦題で訳され出版されていました。確か、みすず書房のものにはLPレコードがついていたと記憶していますが、その講義の内容は「音韻論」とか、「統語論」とか、「意味論」とか(…そういえば『答えのない質問』で、僕は言語学のそうした議論をはじめて耳にした覚えがあります…)…そんな言語学の枠組みを援用しながらの音楽論だったと思います。(当時はちんぷんかんぷんでした。)みすずの本は僕がモノを買えるようになった頃にはもう入手不可能だったので、今に至るまで買うことはありませんでした。ですからバーンスタインのハーバード大学での講義の内容自体、その詳細をこれまできちんと理解してきたわけではありませんでした。

待てば海路の日和あり…とはまさにこのことか。(なかば忘れかけていたのだけれども)、その講義がテキストのみならず、映像も含めてDVD化されるという知らせに思いがけず接したのです。高校生の頃、図書館で分厚い『答えのない質問』を手にしたとき、まさか今の自分が言語学者とも交流のある大学教員になっているとは思いもよりませんでしたが、今なら今でバーンスタインがどのように大学で講義をしていたのかを知ることで、自分の講義スタイルの材料にしたいなぁと考えてしまいます…ちょっとうがってますか?…でもYoung People's Concertは結構参考になってますよ。音楽(ボストン響との録画らしい…)もアイブズの『答えのない質問』とか、ストラヴィンスキーの『エディプス王』とか興味深いのですが…まぁ、音楽はおまけで…ということで。

それにしても、前の発言で紹介したGränsbygd under krigにしろ、このThe Unanswered Questionにしろ、知的好奇心をくすぐるなんと魅力的なタイトルでしょうか

« "Gränsbygd under krig(戦時下の境域)" | トップページ | デンマーク歴史ゼミのみなさんへ! »

コメント

古谷 様、

今頃、偶然、うれしいお話を知りました。

私はビジネスマンですが、たまたまのご縁で、この「答えのない質問」(他)の翻訳DVDを手がけました。
その経緯など、下記しております。
http://www.news.janjan.jp/culture/0512/0512080085/1.php

後日談としては、脈々と続く、NYフィルによるYoung People's Concertを日本やろうと企画してます。


浜地様、このたびは直々にコメントをくださりありがとうございます。浜地様による答えのない質問の邦訳版DVDのお仕事は、大変すばらしいものと感謝する次第です。バーンスタインは僕にとっては子供のころからの「アイドル」で、とりわけ彼の「語り」に魅了させられてきました。個人的には大学で「語り」を仕事にするようになったものですから、Young People's Concertも、答えのない質問も、「語り」の一つのテキストとして、外出先で閲覧してはますます参考にしています。彼の「語り」は死後十数年を経てもなお、いやますばかり。浜地様の今後のお仕事にも期待しております。またなにかのきかいがありましたら、気軽にコメントをお寄せくださるとうれしく思います。

古谷様、

話の続きーーー。

バーンスタイン「音楽の喜び」(日本語字幕付き)、マンハッタンで上映会(無料)

http://www.news.janjan.jp/culture/0810/0810270312/1.php
『青少年コンサート』の原点ともいうべき、TVシリーズ「オムニバス(OMNIBUS)。

そこから、下記2作品を上映します。(無料)

 ・ベートーヴェンの「第5交響曲」Beethoven's Fifth Symphony(放送:1954年11月14日)[32:56]
 ・指揮法 The Art of Conducting(放送:1955年12月4日)[48:23]

 日時: November 23, at 12:30 for 90 minutes.(開場:12:00)
 場所: The Paley Center for Media
    25 West 52 Street, New York, NY 10019

ぜひ、お誘いあわせの上、おいでください。在NYでご興味のありそうな方々にもご案内ください。

(浜地道雄)事務局:YFA09065@nifty.com

お久しぶりです。

また、「NYフィル、バーンスタイン」
映写会を10月9日(日)、マンハッタンで
します。(無料)

添付URL通り。

今回は小沢征爾さんの「デビュー」です。

ご関心の向きにもご案内頂ければ
幸甚です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85145/6166071

この記事へのトラックバック一覧です: 答えのない質問:

« "Gränsbygd under krig(戦時下の境域)" | トップページ | デンマーク歴史ゼミのみなさんへ! »