最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 夏風邪 | トップページ | お遊びネタ »

2005年9月11日 (日)

怪しい雲行き

衆議院選挙の結果は、ある程度の見通しが立っていたとはいえ、やはり現実に数字を突きつけられると恐ろしさを感じます。小泉自民党による今回の選挙戦略は、公示後初の小泉氏の街頭演説が秋葉原で行われ「2ちゃんねらー」を巻き込もうとしたあたりから…ちょっと今までとは違う雰囲気を感じていました。議論を単純化して見せた戦略が現今の日本社会に大きな訴求力をうんだということでしょうが、しかしその議論の核心であった「郵政民営化」という問題の事の本質はどれくらい国内で議論されたのでしょうか…。今回の結果は、もとより政治的議論に慣れていない日本国民に、一見「郵政」問題を議論すれば国政に十分参加できているような雰囲気を醸し出すことで、国民に総「エポケー」状態が生み出さた結果に思えます。

参議院で否決された法案について衆議院を解散して国民に是非を問う方法は、本来国民の代表が集う立法府の存在意義を脅かすものでもありました。小泉氏はそれを「政治決定」過程の構造改革だと言っていましたが、現行の日本国憲法体制では議院制民主主義のあり方が基本とされているはずですから、おかしな話です。また、これまで我が国の国家経済を支えてきた世界最大の「貯蓄銀行」の資金が「郵政民営化」によって市場に流れ、欧米資本がそれに食い込むことで我が国の経済力が食いつぶされていく流れが予測されているにもかかわらず、小泉自民党は「壊す」ばかりで「作る」ことへのヴィジョンが明確ではありませんでした。壊れた末の世の中にセーフティーネットは期待しようがありませんから、それは「弱肉強食」の世を生き延びよということですが…、それで良いんですよね?小泉自民党の躍進を支えた人々の未来への自信は何を根拠としているのでしょう?

しかし個人的には総選挙の結果どころではない週末でした。今ははっきりと申せませんが…うーん、脇の下が…脇の下が痛い情況です。

« 夏風邪 | トップページ | お遊びネタ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怪しい雲行き:

« 夏風邪 | トップページ | お遊びネタ »