最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 言葉の壁・スマートフォンの壁 | トップページ | 帰省 »

2005年8月 8日 (月)

夏休み未だ来ず

郵政解散のあった今日も大阪は尋常ならざる暑さだったので、ついついお忙しいであろう同僚の言語学者を飲みに誘って、耳学問を実践。言語をめぐる学会動向についてネタ収集をしておりました。彼とは同じ官舎ということもあってよい飲み仲間であり、よい同僚なのですが、今日はよい先生になって頂けました。こちらの素っ頓狂な素人質問にも彼は暖かく耳を傾けてくれました。やはり「餅は餅屋」とはよく言ったもので、明晰な頭脳をもつ彼は大変うまいたとえ話を多用しながら僕にもよくわかるように先端的な言語学の話をしてくれました。僕は理知というよりは情念につき動かされている人間なので、彼のような落ち着いた明晰な学問的視座に本当に憧れを抱きます。そして酒が入るともともと曖昧な僕の頭脳はまずます茫漠たるものになってしまいます。

しかしなんですねぇ…小泉首相は「自民党をぶっこわす」と常々言っていたけど、こういう結果を想定していたとしたらたいしたストーリーテラーだったんだなぁと…ワイドショー的なのりで感心。なんだか参議院で法案が否決されて継続審議もなしで(なんと大人げない!)衆議院解散というのはおかしな感じもするけど、国民審判を問う意味で党の意向に反して「伝家の宝刀」解散権を抜いたってのは(一寸やけっぱちというか…やはり大人げないのだが…)建前としては「あり」なんだろうな…。「自民党」っていう金看板はなくならないんだろうけど、結党50周年の今年が解党の年になるのか否か、やじうま的なのりでは今後一ヶ月ちょっとの政治動向に注視したいですね…うーん、まさにワイドショー的なのりでしか政治を見ていない…こんな態度では批判されるかもしれないけれど、そもそもそうしたノリじゃないと我が国の政治にヴァリューを見いだせない…こうした情況こそが最も深刻な問題かな…。

夏休みはまだまだ僕のところには到来しません。今日も、また書類書きに追われています。で、その書類のフォーマットはとても入り組んだExcelファイルなのですが、Macを使っていてはじめて仕事上の問題…というか十分解決可能な問題なので問題というべきかどうかわかりませんが…に直面しました。それはWindows上で作成されたExcelファイルをMac上で加筆・修正するとExcelファイルにズレが生じるということです。Microsoft OfficeもMac版のOffice 2004からはMS明朝やMSゴシックのようなWindowsのフォントが実装されるようになり、「限りなくWindowsのOffice環境に近づいた」と宣伝されていました。確かにそれは事実です。以前と比べれば、MacとWindowsのファイル互換性の問題はほぼ皆無に向かっていると言っても良い。でも、やはり細かいところはずれますね…結局Windowsマシンを走らせて書類を完成させ、印刷にもっていかねばなりません。

いや、正確に言うと今回はMac上のエミュレータVirtualPCを起動させ、Mac上に稼働させたWindows環境でファイルを完成させました。で、今後Intelプロセッサを搭載したマシンにMacOS Xが乗るようになると、おそらくWindowsはOSではなくMac上で使用する一つのソフトウェアになっていくような気がします。OSとしての安定度、速度、ユーザビリティ、セキュリティなどなどについて、MacOS Xに一日の長があると個人的には感じていますし、一度Macに触れたことがある人ならばその意見に賛同してくれると思います。でも世の中圧倒的にWindowsが多くて、今回のExcelファイルのようにどうしてもWindowsで処理する必要がでてくるときもある。今後扱いやすい(まさにコンピュータユーザにとって「バリアフリー」な存在である)MacはOSとして普及する可能性が高く、必要になったときにだけMac上のエミュレータを介してWindowsを起動させるという風になっていくんじゃないかな。

« 言葉の壁・スマートフォンの壁 | トップページ | 帰省 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏休み未だ来ず:

« 言葉の壁・スマートフォンの壁 | トップページ | 帰省 »