最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« グロテスクな教養 | トップページ | アレンジの妙 »

2005年8月27日 (土)

なんばウォーク


今日は僕の誕生日だったということもあり、家族揃って僕の行きたいところへ行ってくれるというので、心斎橋のApple Storeへ行こう!ということになりました。せっかくなので、子供が産まれて以来なかなか足を運ぶことのなかったなんばの再開発地区…えーっとなんばパークスでしたか…にも行ってみました。


2歳半になる息子はすっかり大阪市営地下鉄御堂筋線の車内アナウンスをそらんじたようで、道中の御堂筋線のなかでえらい興奮ぶり。妻はようやく首が据わりかけた娘に、定期的におっぱいをねだられて大変そうでしたが、なんばパークスのなかで昼ご飯を食べたAlioli Cucinaというイタリア料理やさんのコストパフォーマンスに満足していた様子。なんばパークスに出店している店の多くは東京にもある店で、妻はそうした店の数々に懐かしんでいました…。「なんだか、東京っぽいねぇ」と。


なんばパークスの開けた雰囲気を楽しんだ後は、心斎橋まで御堂筋を散歩。「東京っぽい」といえば、心斎橋あたりの高級ブティックがならんだ筋はミニチュア版銀座といった感じです。で、そうした雰囲気の場所に、Apple Store心斎橋店もあります。(東京では銀座にありますよね。)あまり広い店舗ではありませんが、しかしコンピュータショップとは思えない洗練された小綺麗な空間は、炎天下の御堂筋を歩いてきたぼくらにとってはオアシスのような場所でした。Mac関連の品がApple Storeに集まっているのは当然ですから、そもそも品揃えはあまり期待していなかったわけですが、Genious Barというサポートカウンターで見かけた、外国人に対する流暢な英語による対応には関心しました。(いつも大阪外大でスウェーデン語や英語でコンピュータ関連の相談にのるときに四苦八苦しますから。)


そのまま戦前の大阪におけるアール・デコ様式を代表する建築である大丸百貨店に入り、パーカーから最近発売されたインシグニアシリーズのマルチファンクションペンを購入して、あとはしこたまウィンドウショッピングを楽しんで帰宅。正直体力的には疲れましたが、なかなか充実した散歩の一日でした。こんな誕生日の過ごし方も良かったかもしれません。

« グロテスクな教養 | トップページ | アレンジの妙 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« グロテスクな教養 | トップページ | アレンジの妙 »