最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 木内酒造探訪 | トップページ | グロテスクな教養 »

2005年8月25日 (木)

スマートフォンの欠点


今日は台風が接近しているので、大事をとって自宅研修。で、帰省中活躍してくれたNokiaのスマートフォンのメンテナンスを行いました。乗り換えして1ヶ月あまり、嬉しくていろいろなアプリケーションをとっかえひっかえ入れ替えしていたので、大部OSの中身に無駄なファイルが多くなったようです。まずはそれを一つ一つ”掃除”。どうもBluetoothを使った母艦コンピュータとの接続が安定しないので、Bluetooth接続の設定見直し。これについては、どうも一回、一回、その都度接続を新しく設定しなおすしか方法はなさそう。実に不便。


不便といえば、この帰省中最も不便だったのはVodafone Live!にあるモバイルバンキングができなかったこと。3G端末標準のブラウザからVodafone Live!に接続させた場合、これまでのPDC携帯電話ならば僕のメインバンクである大手都市銀行のサービスがあったものがどうしでも表示されません。で、直接その銀行に問い合わせてみたら、3G端末でのVodafone Live!では将来にわたってその銀行のモバイルバンキングサービスを提供する予定がないとのこと…。なんてことだ!


(その大手都市銀行は近々別の大手都市銀行と合併する見通しなのですが…後者は3GのVodafone Live!でもモバイルバンキングを提供している。今時モバイルバンキングサービスを提供できない銀行など、はやく合併されてしまえ!)


そんなこんなで、やはり携帯できるブラウザ環境が必要かなぁと思い、研究室に埋もれていたLinux Zaurus (SL-C750)を昨日研究室に行ったときに持ち帰ってきました。すっかりバッテリが乾上がっていましたが、なんとか起動…。ん?「Linux ZaurusってPDAじゃないの…お前はPDAを捨てたんじゃないか?」って、つっこみが返ってきそうですが、僕の頭のなかではLinux ZaurusはマルチタスクOSのLinuxが搭載された世界最小のパーソナルコンピュータと考えてます。ほとんどこれで個人情報管理をしようなんて考えていません。個人情報管理はスマートフォン(ないしは紙の手帳)で十分。Zaurusでは、ターミナル使ってばりばりコマンド打ち込んで、がしがし仕事に必要な電子辞書、PDF/Word/Excelビューワ、音楽ソフトなど複数のアプリを立ち上げて使います。液晶も発色が実に美麗で、個人的には今ある様々な液晶デバイスのなかでも一番気に入っている色あいです。


かつて構築した仕事用のZaurusの環境はちゃんと保存されていましたが、問題は通信環境とバッテリ。通信環境は今やスマートフォンだけですから、どうやってBluetooth環境をZaurusに加えるかが問題。良いBluetooth CFアダプタが見つかりません。このままでは単なる電子辞書状態。それからバッテリが完全に劣化してしまっていて、1時間と持ちません。バッテリがもたなければ、こんなのただのブロックに過ぎません。Linux Zaurusを復活させるには、以上の2つの問題を克服する必要があります。後者はバッテリを別途購入すればよいものの、前者については日本にBluetoothがほとんど普及していないだけにCFアダプタを購入できる機会がほとんどなく、実に厄介な問題です。

« 木内酒造探訪 | トップページ | グロテスクな教養 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。