最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« がんばれ、大植さん! | トップページ | 比較政治経済史・西洋史特講II »

2005年7月26日 (火)

テンパる…とはこういうことか…

今日も台風接近にめげず大阪外大の個人研究室で大阪教育大での集中講義の準備をしています。麻雀用語から転じた「テンパる」とはまさに今の僕の状態を的確に示した表現でしょう。いろいろな方からのコメント、メールに返信しなければならないのですが、それさえままならぬ失礼極まりない情況に追い込まれています。申し訳ありません。

大阪教育大の集中講義なのですが僕にとってははじめての集中講義の経験で、自分の体力と知力の未知の領域に挑むっていう感じがして、「僕ははたしてどうなるのだろう。」とワクワク気分が高まっています。(追いつめられると燃える性分です。)

例によってパワーポイントで講義準備していますが、現在80枚程度まで完成。僕の「しゃべり」のスタイルからして、平均して90分の授業で10枚弱程度のスライド分量が適当なので、残り20〜30枚程度で十分15コマ分の内容ができると思います。これだけスライドが増えるとファイル容量も大きくなりますので、基本的に今回の講義ではPDFファイルを配布しない方針です。(参加学生諸君との話し合いでは配布もあるかも…。)とはいえ、このブログをお読みになられている方には僕の授業内容を楽しみにしていらっしゃる方もおりますので、いずれ今回の「北欧アイデンティティの歴史的位相」をテーマとした講義提要を整理して示したいと思います。

しかし大阪教育大まで片道90分以上かかるのは無駄な体力のロスです。でも全国的に高名な大阪教育大の生協食堂がその疲れもいやしてくれるでしょう。

« がんばれ、大植さん! | トップページ | 比較政治経済史・西洋史特講II »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テンパる…とはこういうことか…:

« がんばれ、大植さん! | トップページ | 比較政治経済史・西洋史特講II »