最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 文系学生・教員むけのプレゼン基礎知識(機材編) | トップページ | いいぞ、生協! »

2005年6月 3日 (金)

他山の石

昨日の光ファイバー導入に関して、かつて公社だった某大手通信会社のスットコドッコイな対応に怒り心頭です。

今回はこの会社のキャンペーンを利用したのですが、このキャンペーンを利用すれば、プロバイダ側での設定切替申請もこの会社で代行してくれるという話でした。そうしたらこちらの希望とは異なるプロバイダ設定の契約がなされてしまった…こんなことなら自分でもできたんだから、自分でやればよかったです。

応対も人によりバラバラで、事情のよくわかっている人もいれば、そうでない人もいる。この会社に勤めているすべての人に問題があるわけでないことはわかっていますが、電話での応対を聞いていても「この人できないなぁ」って人はすぐわかる…人事ってのは大切ですね、難しいですね。

この会社もそうですが、手紙とか保険とかを扱っている某公社にも僕は運がなくて、あまり良い感じを抱いていません。公益を司っている法人だから、消費者としてはそこにいかなきゃ仕方がないわけですが、だから彼らには信頼を寄せたいわけですが、いまだにときたま「公」ということに胡座をかいている感の対応を受けます…。翻って、こうした批判は常に今自分のある環境にも向けられているのだとも感じています。もちろん企業ではないわけですけど、国立大学も今や「法人」化されましたからいつまでも「公」にふんぞり返っているわけにはいきません。

今回のこと、他山の石とさせて頂きます。

« 文系学生・教員むけのプレゼン基礎知識(機材編) | トップページ | いいぞ、生協! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 他山の石:

« 文系学生・教員むけのプレゼン基礎知識(機材編) | トップページ | いいぞ、生協! »