最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« Mac miniにTigerをインストールして直面した問題 | トップページ | 地域研究VIII »

2005年6月 5日 (日)

飛行場での過ごし方

東京出張から帰ってきました。今回もいろいろと勉強させていただきましたし、院生のみなさんをはじめみなさんと楽しい時間を過ごせました。

(近世ヨーロッパ世界における戦争経営をめぐるあり方は、例えば「軍事革命」論のように戦争と国家をめぐる関係において普遍的な側面を強調して解釈される傾向にありますが、例えば戦争経営の基盤となっている資金や物資調達の仕組みを考えてみただけでも、当該国家が関係している戦場と戦争の性格によって違いがあるのであり、「軍事革命」のあり方もそうした地域的特性に着目すればいくつかの類型化が可能なのではないかと閃きをえました…詳細は近いうちに活字化していきたいと考えています。)

さて今日は予約していた便よりもひとつはやい便で帰ろうと目論見、だいぶはやめに羽田空港に行きました。しかし今回の予約に適応されていた割引運賃の規定では、予約便変更はできないと言われ、仕方なく羽田空港を彷徨うことになりました。(最近は様々な割引運賃の設定がありますから注意が必要ですね。)

もう何度も使っている空港ですから、レストランや売店などはほとんど行き尽くしていましたし、ラウンジにこもってパソコンを広げるにも体力に仕事をするだけの余裕は残っていません。そこで出発までどう時間を過ごそうかと考えた挙げ句、床屋さんに行ってみることにしました。

最近はいろいろと仕事が忙しくそれにかまけて床屋にも行っていなかったものですから髪の毛が伸び放題になっていましたので、空いた時間を有効に使えれば良いな程度にしか思っていなかったのですが、想像以上によかったです。ちょっとばかり待ちはしたものの(…つまり僕と同じような境遇で同じように考えている男性が多いということなのでしょうか…)、丁寧な仕事ぶりですっかりこちらもリラックスでき、普段の床屋さんよりは高めの値段設定でしたが十分に満足のいく時間を過ごせました。様々な人が往来する空港という場所柄を考えれば、無駄なくテキパキとしていながらも丁寧な仕事をしなければ成功できないでしょう。ですから、そうしたことを考えてみれば、空港の床屋さんというのは良い選択だったのかも知れません。

そもそも最近の空港には「アミューズメントパーク」のように様々な嗜好をこらしたレストランや売店も多いですが、郵便局や銀行、理髪店、シャワーのような日常生活のすべての局面に対応できるような施設もそろっています。空港はあたかも「都市機能」を一カ所に凝縮した感をえるほどです。レストランや売店でショッピングを楽しみ、ワクワク感を得るのも良いし、仕事に忙しい人はこの場所で銀行も郵便局も立ち寄れて、普段できない用事を集中してこなすこともできる。もちろん何もせずにコーヒーでも飲みながら往来する飛行機を眺めてボーっとすることもできます。その日の気分に応じて多様な姿を垣間見せる施設です。この場所の過ごし方については工夫ひとつでその日の充実感も変わってきます。

« Mac miniにTigerをインストールして直面した問題 | トップページ | 地域研究VIII »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飛行場での過ごし方:

« Mac miniにTigerをインストールして直面した問題 | トップページ | 地域研究VIII »