最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 地域研究VIII | トップページ | 現代北欧地域論4・ 北欧文化講義II »

2005年6月 7日 (火)

AppleがIntelを採用

どうやらサンフランシスコで行われているWWDC2005で、AppleはMacintoshで採用されているCPUをIBM製のPowerPCから、Windowsマシンに使われている「インテルはいってる」でおなじみのIntel製のCPUに乗り換えることが正式に発表されたようですね。個人的には、先進的で扱いやすいMacOS Xが安価に提供されていくなら良いんじゃないと思っています。

Mac miniでも、PowerBookでもPowerPC G4の発熱とそれを冷やすための冷却ファンの騒音ときたら、たまったものじゃないですから。Intelならば安価なCeleronという選択肢も、発熱量を抑えながらも高い処理能力を求めるならばPentium Mという選択肢もありますから。IBMも電気大食らいなPowerPC G5の先行きに頭抱えちゃっていたんじゃないかなと思いますから。

これで同じくらい値段のハードウェアで、Windowsか、Macかを選択できるようになったわけですね。IBMもThinkPadを切り離しちゃったんだから、こういうような転換があっても何もおかしくはないです。Macの熱烈なファンは、さぞかし落胆しているでしょうが。

« 地域研究VIII | トップページ | 現代北欧地域論4・ 北欧文化講義II »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AppleがIntelを採用:

« 地域研究VIII | トップページ | 現代北欧地域論4・ 北欧文化講義II »