最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 文系教育者・研究者のお役立ちツール(1) | トップページ | ぼーっと勉強してます »

2005年5月 6日 (金)

文系教育者・研究者のお役立ちツール(2)

(1)は軽いジャブのような紹介でしたが、今回はちょっとしつこくこの一年間誰にも語らずじっくりと試用を重ねてきたTabletPCについて紹介したいと思います。TabletPCはWindowsXPの派生版であるWindowsXP TabletPC Editionを搭載した可搬型PCです。大きな特徴はペン入力が可能な液晶ディスプレイを搭載している点で、液晶ディスプレイ部分だけで運用できるピュアタブレット型と液晶ディスプレイとキーボードをもってノートパソコンとして運用可能なコンバーチブル型があります。

ペン入力ができるということは手書き入力ができるということで、液晶画面にサラサラとペンを走らせるとなかなか忠実にそれを再現してくれます。ソフトウェアによってはそれを活字化もしてくれますが、このTabletPCの利点はそうした情報のインプット部分ではなく、アウトプット部分にあると僕は考えています。つまり講義や研究発表などの場でその力が発揮される機器だということです。

最近はノートパソコンを用いてプレゼンテーションすることが一般的となりましたが、その場合はあらかじめ用意してきたプレゼンテーションファイルに従って、それを「紙芝居」のようにスライドするだけです。(もちろんマウスを使ってアドリブで情報も書き込めますが、プレゼンの流れ作業のなかでは非現実的な過程です。)TabletPCも基本的にプレゼンテーションの手法はかわりませんが、瞬時に直感的に液晶画面上に文字を書き込むことができますので、プレゼン中に思いついた点をアドリブで入力・表示することが可能です。(あとから付加した情報は保存することも可能ですし、破棄することも可能です。)これができるということは、あらかじめ「わざと」プレゼンテーションファイルに空白を多くつくり、実際にプレゼンをしている場で空欄を埋めるような芸当も可能になるということです。

例えば、僕の講義では一週間前までに次回の講義で話す予定のパワーポイントファイルをPDF化して配布しておき(PDF化の作業はとても簡単で、Acrobat Standardを使うとワンクリックで可能です)、翌週の講義の時間には学生たちにそれを印刷してもってこさせ(意欲的な学生はその印刷ファイルをみて予習も可能でしょう)、講義中は余白を埋める形でパワーポイントファイルを展開し、さらに講義の場でしか話したくないような重要なポイントやその場で補足すべきポイントなどはTabletPCに直接ペン入力をして示します。講義中は90分だったら90分の話の「流れ」がありますから、例えば黒板に補足事項を書くためにいちいちスクリーンを上げ下げしてその「流れ」を途絶させたりすると「場」の雰囲気が冷めてしまいます。ですから講義の「ライブ感覚」を学生と共有するという意味で、このTabletPCは革新的な情報のアウトプットツールだと僕は思います。

僕はhp社のTabletPC TC1100を使っています。この機種の利点は、時と場合に応じて液晶部分とキーボード部分を分離させ、ピュアタブレットとしてもノートパソコンとしても使える点にあります。僕は授業などではノートパソコン型にして用い、会議などではピュアタブレット型にして紙のノートと同じような感覚でメモをとっています。このTabletPCをノートパソコンとして考えた場合、最近の動静からみて多少値の張る点が玉に瑕です。しかしながらコンバーチブル型(この場合、液晶画面だけで分離させることはできず液晶部分は回転するだけですが)ならば、最近東芝から実売価格20万円を切る(kakaku.com情報では17万円弱)dynabook R10という機種も発売されました。これは2.8kgと重いのが難点ですが、DVDスーパーマルチドライブや無線LAN機能を含めてすべての機能をもったパソコンですので、「何かすべてを一台でこなせるマシンが欲しい」というのでしたら良い選択ではないかと思います。携帯ができる1kg台のものというのでしたら、価格の点から言って現状ではhp社のTC1100しか選択肢はないと思います。(僕は安いCeleronのものを使っていますが処理速度は十分ですし(ThinkPad X40などより快速です)、バッテリーのもちもThinkPad X40などより断然良いです。)

このTabletPCは文系教育者・研究者だけのためのツールではなく、大学生が手にすべき理想の学習ツールかもしれません。こうしたTabletPCを用いて情報を集め、レポートを書き、そしてプレゼンテーションの訓練をする。研究者になるにせよ、教育者になるにせよ、あるいは社会にでるにせよ、いかにすばらしい仕事をしていても、それを効果的に相手に伝えられないのでは、せっかくの仕事の魅力が半減してしまうのに等しいからです。

TabletPC、おすすめです。

« 文系教育者・研究者のお役立ちツール(1) | トップページ | ぼーっと勉強してます »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文系教育者・研究者のお役立ちツール(2):

» パソコン[Windows XP] [パソコン図書館: パソコン[Windows XP]]
パソコン図書館<Windows XP>Windows XPWindows XP(ウィンドウズエックスピー)は、2001年にマイクロソフトが発表したオペレーティングシステム|OS。XPは「経験、体験」を意味するexperienceから由来する。開発時のコードネームはWhistler。日本語版は、リテール版が2... [続きを読む]

« 文系教育者・研究者のお役立ちツール(1) | トップページ | ぼーっと勉強してます »