最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 道具を大切にする | トップページ | 新選組!続編!! »

2005年5月26日 (木)

戦い終えて…

今日も大阪は爽やかな初夏の陽気でした。こんな陽気ならビールの話題でもしようかと思ったのですが、今日は午前11時から昼休みもなしで午後6時まで会議、会議、会議…。挙げ句の果てにその会議の宿題を持ち帰り、先ほどようやくそれを終え、まさに「戦いの後」といった感じで疲れ果てているので、ながーくなりそうなビールの話題はまた後で。

こんな激務の間隙を縫って、昨日・今日と待ちに待った品を手にしました。まず前の発言でも書いたThinkPad X40用の英語キーボード。会議書類をMacで書きながらも、待ちきれずに交換してしまいました。いやー、すばらしい…この打鍵感。ほれぼれします。僕は堅く深いキータッチを好むのですが(…だから端から見てると、僕のキー入力はたいそう騒々しく見えるでしょう…)、まさにドンピシャ。いつも英語キーボードに換装してみて思うのですが、日本語キーボードよりも打ち込みが深く感じられます。ただ最近X40のハードディスクの回転停止音が大きくなっている点、気になります。まだ買って一年なのに!

次にEndNote Ver.8のMac版。無事MacOS X Tigerでも動作しました。EndNoteについては文系研究者のためのお役立ちツールで紹介しようかと思ったのですが、万人向けではないのでやめました。(別にこれが無くても研究はできますし。)EndNoteといえば、書誌データベース作成と論文脚注作成支援のソフトウェアとしては大変古い歴史をもったソフトで、かつてはこれがあるからMacintoshを買ったという文系研究者が多かったくらい影響力のあるソフトでした。確かに日本語を必要としない欧米言語でしたらこのソフトの価値は大きいです。これによる書誌データベース作成の基本過程は一件、一件、自分の読んだ本や論文の情報を入力することです。しかし欧米系の大学図書館や研究機関の蔵書検索データベースとEndNoteが連携して瞬時に書誌データベースを作成することもできます。世界的な学術的デジタルデータベース構築のリーディングカンパニーと言えばThomson Galeですが、このEndNoteは数年前からGaleグループのリサーチソフトウェア部門であるThomson ISI Researchが開発販売元になっており、世界中の欧米系言語による研究機関が作成するデータベースとの親和性は大変高いわけです。

さて最新のEndNoteについて特筆すべきは、Mac版も、Windows版も、このVer.8からUnicodeに対応して日本語もようやく…というか「やっと!」扱えるようになったことです。これで文献メモはEndNoteに日本語を用いても書き込めるようになりました。屈折十有余年…僕は待ちました。しかもこのEndNoteの最新版の威力は、自分の作成した書誌データベースから脚注作成を自動化できるなんていう点だけに留まりません。最近はこのソフト自体にネットワークで公開されている世界中の書誌データベースに接続して、そこにキーワードを入力すればそれに該当する文献情報を即座に自分のパソコン内に取り込んでくれる機能が加わりました。この機能は実に「恐ろしい」です。例えばこの機能を使ってしまうと、ほぼ「漏れ」のない当該テーマの文献書誌情報が自動作成されてしまうので、もはや先行業績の「遺漏」など許されなくなります。(ゼミや研究会、学会の前に、報告者の報告テーマに関連した書誌情報なんて、あらかじめこのEndNoteを使って作っておくと…わかりますよね、門外漢であっても書誌情報だけはなぜか報告者より完璧で…という場合もありえます。)

ネットワーク文化の深化とともになんだか凄い方向へ進化を遂げているEndNoteではありますが、Ver.8については機能をいろいろ試してみないと良いとも、悪いとも評価できません。例えば、PDFファイルなどの処理の仕方などです。ローカル上のファイルでも、ネットワーク上のファイルでもEndNoteからリンクを張ることはできるのですが、EndNoteのつくるデータベースにPDFの内容まで含まれてくればもうこのソフトは完璧です。あとは…最大の問題点として、このソフトがとても高価であることが挙げられるでしょう。これもThomson Galeの戦略なのかな。

疲れたので、ビールを飲んで明日の「戦い」に備えることとします。

« 道具を大切にする | トップページ | 新選組!続編!! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦い終えて…:

« 道具を大切にする | トップページ | 新選組!続編!! »