最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« なぜスウェーデンにシンフォニストが多いのか? | トップページ | 連合解体100周年 »

2005年4月27日 (水)

PowerBook G4と今抱えている課題

PowerBook G4がようやく届きました。えらく時間がかかったので発送元を知りたかったのですが何事にもシンプルなApple社の通知ではそれが全くわかりません。

PowerBook G4がインダストリアル・デザインとして非常に秀逸なデヴァイスであることは言うまでもありません。そうした感想はまたおいおい話すとして、今現在着々と環境構築を進めているなかで僕が直面している課題を記します。もしどなたかMacOSにお詳しい方がいらっしゃったら是非ご教授ください。

早急に解決したい問題としては、スウェーデン語を含む多言語に対応したOCRソフトが見つからないということです。MacOS Xに対応した多言語OCRソフトとしては、OmniPage Proがあるわけですがこれが異常なまでに高価で10万円もします。こんな値段では、お金のない文系研究者には手が出ません。そこで現状では、VirtualPCでWindowsを走らせてWindows上のOCRソフト(例えばTextBridge Proなど)でやってみようと思っています。

Macな人たちはこの問題をどう解決しているのでしょう?最近はAcrobatが結構高機能で使えるソフトになっており、例えばPaperCaptureというOCR機能もついていますから、それで対応できるのでしょうか?まぁ、いろいろ試行錯誤してみたいと思います。

そういえばうちの2歳になる息子、りんごをみるといつもなぜか「アポー」と言っているのに、Apple社のロゴマークを見るとそのときばかりは「りんご」と言っています。どうしてこんな逆転現象が起きているのか、これもまた不可思議です。

« なぜスウェーデンにシンフォニストが多いのか? | トップページ | 連合解体100周年 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PowerBook G4と今抱えている課題:

« なぜスウェーデンにシンフォニストが多いのか? | トップページ | 連合解体100周年 »