最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 現代北欧地域論4・ 北欧文化講義II | トップページ | 厳しい現実 »

2005年4月19日 (火)

PowerBook G4

新学期の新兵器として発注したPowerBook G4ですが、納期が遅れ今週中には届かない見通しです。英語キーボードに換装依頼したのがいけなかったかな。「MacOS X Tigerを待てないの?」とか、「PowerBook G5を待てないの?」とか、意見をもらいそうですが・・・待てません。現在のPowerBook G4のアーキテクチュアがかなり成熟されているという点が魅力といえば魅力ですが。

僕の「買い物」道の極意は、「思い立ったが吉日」。かつて大学の友人と「欲しいものを120%買う同盟」を結成し、「僕こんなの買ったよ」って言うと、「うぉーなんだお前はそれか。僕はさらにこんなの買ってたんだよ。」・・・って関係の連鎖を構築していましたが、つまりそれはあたかも現代日本の高度消費社会における「ポトラッチ」関係を現実化していたようなもので、こうして文化人類学上の重要概念をなんとなく体得していましたが・・・完全に学者にあるまじき発言です。ごめんなさい。

« 現代北欧地域論4・ 北欧文化講義II | トップページ | 厳しい現実 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PowerBook G4:

« 現代北欧地域論4・ 北欧文化講義II | トップページ | 厳しい現実 »