最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 最近のコンピュータ環境(研究室編) | トップページ | 大河ドラマ »

2005年4月17日 (日)

最近のコンピュータ環境(自宅編)

ここまでブログを書いてきて思ったことは、「僕は独り言が長い…」ということです。うーん…言いたいことがいろいろと溜まっていたということなのでしょうか、それとも生来の「おしゃべり」という性格がそうさせるのでしょうか…?

書きかけなので、自宅(…というか30年ものの古い官舎ですが)でのコンピュータ環境も整理しておきます。基本テーマは「いかにして古い住環境にめげず、スリムでスマートなコンピュータ環境を築くか?」です。だいぶシンプルな構成になりました。

【自宅】
コンピュータ…IBM ThinkPad X40 2371-1EJ(ウルトラベースX4をDVDマルチドライブで装着),Apple PowerBook G4 M9691J/A
PDA…hp hx4700
プリンタ(スキャナとの複合機)…Canon PIXUS MP900
無線LANルータ…Buffalo WLA-G54

僕は学部生の頃はじめてPCを使い始めて以来、ずっとThinkPadユーザーです。X40は昨年の渡欧時にもよく働いてくれたタフネスで、非常勤先や出張でも気軽に持ち歩けますから重宝しています。国産PCメーカーにあまりよい経験がないので、ThinkPad部門がIBM社から中国のLenovo社へ売却された後には、Appleか、hpかで行こうと思い、PowerBookを試用してみようと思っています。ようやく妻を説得して(…“MacPeople”誌に連載されている呉エイジ氏の『我が妻との闘争』を地でいく交渉を重ねました…トホホ)ついこの間注文したばかりなので手元に届いておらず、まだ海のものとも山のものともわかりません。

PDAについてはいずれ詳述しようと思いますが、PalmとかZaurusとかいろいろ使ってきましたがここ1年半はPocketPCに落ち着き、今やhx4700一台しか所有していません。その日の仕事に必要なファイルはすべてSDカードに仕込んで手ぶら通勤することが多くなり、同僚や学生からいろいろと質問攻めに会います。とりわけスウェーデン語を含めて構築した電子辞書環境は重宝しています。高価なPDAをすぐにお奨めすることはしませんが、例えば日本でスウェーデン語やデンマーク語などの電子辞書に恵まれない学生たちには電子辞書の作り方を教えたりしています。そのノウハウはまたいずれ。携帯電話も日々進化を遂げていますが、まだまだPDAも使い方によっては便利だと思っています。

官舎の部屋は狭いので機材は最小限に抑える必要があります。そうした意味では近年格段の進歩を遂げた複合機は便利です。CanonよりはEpsonのものが総じて評価が高いのですが、CCDスキャナーということでこの機種を選びました。僕たちの仕事では、厚い文献をスキャンすることが多いですが、綴じ込み部分などを立体的にスキャンするには安価なCISスキャナーでは満足に取り込めないことがあります。さて僕の年齢とほぼ同じ建築年数である官舎ですが、ようやく光ファイバー回線が導入されそうな見通しで、とりあえず高速な無線環境を整備しようとIEEE802.11g対応のルーターを置いています。光ファイバーが開通していないので、その実力は未知数ですが…。

今後は僕が使っていてとりわけ重宝しているハードウェアやソフトウェアを個別に紹介していこうと思います。

« 最近のコンピュータ環境(研究室編) | トップページ | 大河ドラマ »

コメント

ごぶさたしてます。
社会人生活@東京も2年目に入った初代古谷ゼミ生です。(メアドで誰なのかはお分かりのことと思いますが。)
PC、X40いいですねー。たしか1.5kg以下ですよね。
私は仕事用にT41使ってるんですけど、さすがに馬力はありますが、A4サイズはさすがに持ち歩きに重いですし。
今年からデンマーク・スウェーデン歴史ゼミが別々とのこと。楽しそうでいいなぁと思ってます。

お元気ですか?このブログでも書いたように歴史ゼミは、デンマークとスウェーデンに分かれましたが楽しくやっています。(あなたが書かれたボーンホルム島の卒論は、後輩たちの良き模範となっています。)

ThinkPadT41ですか…。ノートパソコンの「ベンツ」ですねぇ。うらやましい限りですよ。お金があれば、Tシリーズは誰にでもお勧めできる機種です。

社会人生活もだいぶ慣れてきたと思いますが、体には気をつけてください。また大阪へ立ち寄ることがあれば、連絡をください。ご活躍をお祈りします。

ハードの話が続いていますが、ソフトについてちょっと教えてください。とはいってもICUの那須先生の所で話題になっている↓Keynoteというソフトについてです。これはマック系だけですか? Windowsでパワーポイントをもっと軽快に使いたい!<以下引用>
>PowerPointをやめて、Keynoteに乗り換えてみた。愕然。いかに自分がPPを「いやいや」使っていたかよく分かってしまった。画面やフォントの美しさだけでなく、スライド作成のスピード違う。

ご質問ありがとうございます。Windowsでのプレゼンテーションソフトと言えば、PowerPointの独壇場に思います。恥ずかしながら僕はこれ以外のプレゼンソフトを見聞きしたことがありません。(話題のlivedoorがPowerPresentationというのを出していたかも知れません。)

残念ながらKeynoteはMacOS上でのみ動作させられるソフトです。これはiWORKというApple社が独自に開発した統合ソフトに含まれています。PowerPointに比べれば動作は軽快だと思いますが、画面やフォントの美しさという問題はOSレベルでの話なので、完全にアンチエイリアスに対応していないWindowsと完全対応しているMacで比較するのは酷な話かもしれません。

Windowsでは「いやいや」でもPowerPointを使わざるを得ないのではないでしょうか?僕はMicrosoftOfficeのなかでもPowerPointはよくできたソフトだと思っています。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近のコンピュータ環境(自宅編):

« 最近のコンピュータ環境(研究室編) | トップページ | 大河ドラマ »