最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« PDAとの訣別 | トップページ | PowerBook G4は今何処? »

2005年4月24日 (日)

携帯電話も良いけれど…

昨日のPDA訣別については各方面からコメントが寄せられています。僕自身にとってはPDAについては、平知盛の如く「見るべきものはすべて見た…」といった感じで「壇ノ浦の水底」に沈めてしまっても良いと思っています。もはやPDAはデジタルツールとしての旬を過ぎ、かつてカセットテープやビデオテープが廃れたように、個人情報の管理ツールとしては携帯電話(あるいはスマートフォン)にとってかわられるべきものなのかも知れません。

さて携帯電話と言えば、最近の学生諸君の活用ぶりには驚かされること、勉強させられることが多々あります。かつてはPDAやメモ帳に記すべきものだった予定やアドレスを、目にもとまらぬ「早押し」で携帯電話に入力する姿からは、ある意味人間の進化過程の現在型を意識させられます。この時期になると新入生が新しい友人を記録するのに携帯電話のカメラを活用してアドレス帳の情報と連動させたりしていますし、授業の基本的な伝達事項など、黒板に書いた内容を携帯電話のカメラでメモしたりしています。

こうした新たな道具を自分なりに有効活用することはすばらしいことです。しかしながら今の携帯電話はハードウェア的にも、ソフトウェア的にも「まだまだよちよち歩きの赤ちゃん」程度の実力しかない感じ(…感覚としては四半世紀前の8bitコンピュータってところかな…)で、それが万能の道具と思ったら大間違いと思います。今の携帯電話の隆盛はi-modeのようなネットワークによる情報活用を背景としてつくられたように思いますが、ネットワークの進化に比して携帯電話の機能はまだまだ追いついていっていません。そもそも日本の携帯電話市場が「島国根性」丸出しで世界的な標準を採用していないところにも問題はあるのですが(…世界的にみるとスマートフォンというPDAと携帯電話の機能を融合させた道具が普及しかけていて、よりパソコンに近い機能を携帯端末で実現できるようになってきています…)、例えばパソコンと比べてみたらできないことがまだまだ多くあります。多言語による電子辞書もそうですし、PDF文書の閲覧もそうです。

最近の学生諸君のなかには携帯電話はよく使えていても、パソコンを使えない人を意外に多く見かけます。「機械音痴なんで…」という学生も目にしますが、携帯電話が相応に使えていれば、パソコンだって使えるはずです。(パソコンは怖がらなくても、そんなに簡単に壊れる「ヤワ」な代物ではありません。)もちろんパソコンは高価な代物ですから個人的に所有することは難しいかも知れませんが、そのかわり今はどの大学にも、図書館にもネットワークに繋がったコンピュータがあると思います。学生諸君の多くは、あと数年もすれば社会に出て企業人として活躍していくと思いますが、ワープロや表計算はもとより、自分の調査報告や企画意図を明確に他者へ伝達する手段としてのプレゼンテーション、あるいはそうした調査・報告の予備作業となるネットワークでの情報収集など、パソコンを活用してはじめて可能になることを今のうちに試行錯誤しながら訓練すべきと思います。

そうしたことについてははじめの一歩を知りたいならば、僕がいつでも教えましょう…そのかわり僕に携帯電話の使い方を教えて下さい…いまだによく文字が打てません。

« PDAとの訣別 | トップページ | PowerBook G4は今何処? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話も良いけれど…:

« PDAとの訣別 | トップページ | PowerBook G4は今何処? »