最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 12か国語辞書は絶版!? | トップページ | 携帯電話も良いけれど… »

2005年4月23日 (土)

PDAとの訣別

昨日明らかになった12か国語辞書絶版という事実により、残念ながらPDAで使えるスウェーデン語・デンマーク語の電子辞書を自力で構築する術は、ほぼ閉ざされたと言えるでしょう。それで一晩考えたのですが、学生諸君の手前、できないことを「できる」とは言えませんから、そろそろ僕自身もPDAでの電子辞書環境を捨てて、PDAから撤退しようかと思います。

小さなPDAは一見すると何でもできそうな夢の小箱といったイメージを与えがちですが、それで論文やレポートが書けるわけではありません。PDAはちょっとしたカンニングや暇つぶしをするには確かに便利でしたが、しかし高いお金がかかるわりには生産性のとてもわるい道具だと思います。個人情報はペンと手帳のほうが迅速確実に管理できますし、時刻表は紙切れ一枚を財布に入れておけばすむこと。映画はみられなくなりますが、音楽ならば最近はiPodのような便利なものもあります。つまりPDAなんてなくても、日々の生活や仕事に困らない!このようなものに数万円かけるならば、中古で状態のよい薄くて軽いノートパソコンを買ったほうがずーっと生産的です。

今使っているhp iPAQ hx4700はすでに傷だらけで「歴戦の勇士」といった感じですから、(もはやネットオークションなどに出しても二束三文でしょう…)これはこれで潰れるまで使いますが、それでPDAは終わりにします。

« 12か国語辞書は絶版!? | トップページ | 携帯電話も良いけれど… »

コメント

>個人情報はペンと手帳のほうが迅速確実に管理できますし、‥‥このようなものに数万円かけるならば、中古で状態のよい薄くて軽いノートパソコンを買ったほうがずーっと生産的です。

おいおい、古谷先生、天地がひっくり返るとは言わないが、90°くらい向きを変える発言ですよ。びっくりした。
とはいえ、ぼく自身は保守的なもんで、じつは「薄くて軽いPC」と原稿を打ち出したハードコピー、それから手書きメモ、手帳で生活していました。その手帳には研究室名簿や学生名簿を縮小コピーしたものを貼り付け、辞書は既製品の電子辞書+オンライン利用という陣容。
そう、PC間のデータ移動はUSBストーレジ。今回イギリスにプリンタを持ってゆかずにどうなるかと心配しましたが、このUSBストーレジを街のビジネス・コピー屋にもっていったら、おじさんが「近ごろみんなこれだね」とか言いながら、(ウィルス検査せずに)差し込んで印刷させてくれた。

コメントありがとうございます。確かに今までの僕を知っている方からすれば、「PDAを捨てる」というコメントは驚きに値するものでしょうね。でも学生の手前、高価な「おもちゃ」をひけらかすのもどうかと思いますし、PDAで何ができたのかと問われると別に何かができたわけではなく、それがなくてもよい仕事をものにされている方は大勢いらっしゃるわけです。「薄くて軽いノートパソコン」と紙の手帳のほうがはるかに効率的に思いますし、PDAなどには頼らないそうしたものによる知的生産の技法を学生には伝授したいと思っています。

十年ほどつきあってきたPDAとの訣別には、何かのきっかけが必要だったということでしょうか…。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PDAとの訣別:

« 12か国語辞書は絶版!? | トップページ | 携帯電話も良いけれど… »